獺祭のスパークリング

獺祭 スパークリング

獺祭には、スパークリングがあります。最近は、日本酒スパークリングが増えてきました。獺祭のスパークリングはアルコール度数が14度程度と高めなのが特徴です。

 

一般的なシャンパンや日本酒スパークリングの場合アルコール度数は、4.0〜5.5度程度ですので、かなり高めのアルコール度数ですね。お酒の弱い人には、少しきついかもしれません。

 

 

味の方は、非常に飲みやすいです。誰に飲ませても、味は美味しいと評判です。獺祭スパークリングの使用用途としては、

 

シャンパンの替わりの乾杯酒に
一味違ったお酒を飲みたい時に
贈り物などに

 

普段使いというよりは、パーティやハレの日、贈り物のような場面ですね。ただし、注意点としては、酵母が生きた生酒なので要冷蔵ということです。また、瓶底にオリが溜まっていますので、混ぜる必要があります。しかし、炭酸なので振ってはダメですよ。

 

要冷蔵

振らない

混ぜる

 

この3つのポイントがありますが、要冷蔵は、持ち運びに関しては、それほど気にする必要はありません。生酒の要冷蔵は、生肉や鮮魚などのように腐るのを防止するためではなく、酵母の発酵を抑えるためですので、数時間常温に放置したからといって腐るものでもありません

 

発酵によって、味が変わるのを防ぐために冷蔵保存をするという意味ですので、保存温度に気をつければ十分です。

 

また、濁り酒のように沈殿物がありますので振りたくなりますが、スパークリングですので、振らないようにしなければいけません。開栓後に、もう一度フタをして、逆さにすれば十分です。

 

かなり飲みやすいので、飲み過ぎに注意したいところです。飲みすぎて一気に酔っぱらったというケースを何度も見ています(笑)

 

※参考 日本酒の二日酔い対策

 

獺祭のスパークリングの種類

獺祭スパークリングといっても種類があります。3種類あります。

 

⇒ 獺祭 発泡にごり酒50 (精米歩合50%のスパークリング)

 

⇒ 獺祭 磨き三割九分 発泡にごり (精米歩合39%のスパークリング)

 

⇒ 獺祭 磨き二割三分 発泡にごり (精米歩合23%のスパークリング)

 

※精米歩合については、日本酒の種類を参考にしてください。

 

その他の獺祭の購入情報は下記から↓
獺祭通販


『食』に関する有益な情報を無料で読んでライバルに差をつける!


食の雑誌



食の雑誌


食の雑誌



食の雑誌

⇒ U-NEXTの無料トライアルの評判はこちら
トップへ戻る